足のお悩みは保険適用・日帰り治療の世田谷下肢静脈瘤クリニック東京中央美容外科へ
  • slider_image
無料WEBご予約
症例写真を掲載中
セミナー実績

下肢静脈瘤とは

  • HOME »
  • 下肢静脈瘤とは

下肢静脈瘤について

下肢静脈瘤は自然に治ることはなく、症状が進行すると
慢性的なむくみ・だるさは勿論の事、静脈内に血液が溜まり足の血管がコブ状に浮き出たり、
皮膚が変色したりなど見た目の悪化が伴い、重症化すると潰瘍が生じることもあります。

なぜ静脈瘤ができるのか?

下肢静脈瘤は文字どおり、下肢(足)に通っている血管の静脈で起こる病気です。血管には《動脈と静脈》の2種類があり、動脈は心臓の押し出す力を使い身体のすみずみまで血液を運ぶ働きをし、静脈は血液を心臓に戻す働きをしています。この時、足のつま先から心臓へと向かう血液が重力によって逆流しないように、静脈の内側には《弁》と呼ばれる逆流を防ぐストッパーがあります。この弁が加齢や疲労などにより、正常に機能しなくなることで血液の逆流が起こり、血管内で血液が滞り足の不調を引き起こします。

  • 大伏在静脈瘤(太もも)
  • 小伏在静脈瘤(ひざ下)
  • 網目状静脈瘤
  • クモの巣状静脈瘤

静脈瘤ができる原因

  • 加齢による体力の衰え
  • 長時間の立ち仕事が多い方
    (販売員、調理師、教師、医療関係者、工場勤務など)
  • 妊娠・出産を経験した方
  • 血縁者に下肢静脈瘤の方がいる(遺伝)
  • 便秘や肥満なども下肢静脈瘤を悪化させる要素
  • 足に血液がたまることによって発症する為、
    午後から夕方に症状が強くなるのも特徴

静脈瘤のイメージ

Self Check下肢静脈瘤セルフチェック

  • 立っているとすぐ足がむくむ
  • 足がだるい・歩くとすぐに疲れる
  • 足がほてる・熱を感じる
  • 足に湿疹・かゆみがある
  • 就寝中、朝方に足がよくつる(こむら返り)
  • クモの巣状の血管が見える
  • 足の血管がボコボコと浮き出ている
  • 足に皮膚の変色・硬い部分がある
  • 親や親戚に下肢静脈瘤の人がいる

1つでも当てはまる場合は下肢静脈瘤の可能性があります。

PAGETOP
Copyright © Setagaya Varicose Vein Clinic All Rights Reserved.