足のお悩みは保険適用・日帰り治療の世田谷下肢静脈瘤クリニック東京中央美容外科へ
  • slider_image
無料WEBご予約
症例写真を掲載中

治療内容

  • HOME »
  • 治療内容

下肢静脈瘤の治療・治し方

下肢静脈瘤の治療は大きく分けてストッキングを用いた圧迫療法と手術療法があります。

圧迫療法

医療用の弾性ストッキングをはくとふくらはぎが圧迫され静脈の血液が下から上に押し上げられます。血液のうっ滞が解消されむくみやだるさといった症状が改善します。しかしストッキング着用中は症状の緩和が得られますが、基本的に対症療法で、静脈瘤の進行は遅らせますが圧迫をやめれば症状は再燃します。

メリットは簡単に症状が緩和できて費用も安いことです。デメリットはやめればすぐもどってしまいます。また弾性ストッキングは履きづらく、かぶれることがよくあります。

手術療法

クモの巣状、網目状の静脈瘤は主に硬化療法を行います。硬化療法とは硬化剤という特殊な薬剤を静脈瘤に注入し血管を固める治療です。治療自体はすぐに終わりますが治療後に炎症を起こし色素沈着を起こすことがあります。またVビームといったレーザーを皮膚に照射して外から血管を焼く治療もあります。

ボコボコした伏在静脈瘤には血管自体を閉鎖、また撤去する方法を行います。ストリッピング手術や血管内焼却術(ラジオ波、レーザー)です。ストリッピング手術は主に全身麻酔下で静脈瘤自体を結紮、抜き取る手術です。手術後に傷跡が残り1~2週間の入院が必要になります。
血管焼却術は高周波やレーザーファイバーを静脈内に挿入し静脈瘤を血管内から閉鎖、治療する方法です。血管焼却術は局所麻酔のみで日帰りで手術できるため、今日ではこの血管焼却術が下肢静脈瘤治療の主流になっています。
当院でも主に高周波を用いた血管内焼却術をメインで行っています。

血管内焼却術

下肢静脈瘤の治療は以前では高位結紮術やストリッピング手術が全身麻酔下で行われていました。これらの治療法は全身の負担が強くまた術後の痛みにも悩まされました。

しかし2000年代になると海外でレーザーファイバーやカテーテルを用いた新しい血管内治療が行われるようになります。
血管内治療は皮膚を傷つけることなく血管のみにアプローチする低侵襲な治療法です。
治療が始まった当初は日本ではまだ保険対象外の自費診療であったためあまり行われていませんでしたが、H23年に一部のレーザーが保険適応となってから除々に普及していきます。H26年より高周波血管内焼却術が保険適応になり、当院では主に最新の高周波を用いた治療を行っています。

焼灼術に用いる機器

血管内焼却術の方法

逆流している下肢静脈瘤に極細のカテーテルを通し、カテーテルやファイバーから発生する熱で血管を凝固閉塞させる方法です。焼却して血液が流れなくなった血管は術後数ヶ月で線維化し消失します。従来のストリッピング手術などとと同じ効果が得られ、30分ほどで終了し日帰りで受けられる手術です。

当院で使用しているカテーテルの高周波電流は人体に対する刺激が少なく安全性が高いため、電気メスやがん治療など様々な医療分野で使用されています。
血管内焼却術ではカテーテルの先端に7cmのコイルエレメントが設置してあり、そこから治療時に高周波電流が発生し血管内を120℃に加熱します。熱によるダメージは血管内にとどまり、組織周辺のダメージが少なく手術時間が短いのが特徴です。

血管内焼灼術のメリット

血管内焼却術は皮膚を切開したりせずカテーテルを通すだけなので傷はほとんどありません。術後の腫れや出血も少なく、治療時間も約30分程度です。術後の安静や入院の必要がなく翌日から仕事に復帰することも可能です。

硬化療法

血管に直接のりのような硬化剤を注入し、静脈瘤を中から硬めてしまう方法です。簡単に行えますが、大きな血管には効果がなく、また一度固まってもまた硬化剤が溶け出して再発することがあります。クモの巣状、網状の静脈瘤などの細い血管が適応となりますが、術後炎症を起こしやすく患部に色素沈着を起こすことがあります。

また硬化剤注入後静脈瘤を強く圧迫してコブを固めますが、このとき圧迫が不十分でコブが大きいまま固めてしまうと血栓性静脈炎という激しい痛みを伴う症状を起こすことがあります。

硬化療法が向いているのは小さな静脈瘤のみです。

硬化療法のイメージ

ストッキング、靴下について

医療用の弾性ストッキングは特殊な編み方で足を強く圧迫するように作られています。種類は基本的に3つ(膝下までのハイソックス、太ももまでのストキッキング、腰までのパンティー)のタイプがあります。血管の浮き出ている場所や症状によって自分にあったタイプのストッキングを選びましょう。

弾性ストッキングを着用すれば静脈瘤は圧迫され血液のうっ滞を減らし、進行を抑えることができます。ストッキングはきつく硬めに作られているため着用には少しコツがいりますが、ゆるいストッキングでは効果が弱いので患者様のご希望があれば当院で着用指導を行っております。

下肢静脈瘤が保険適応されていることについて

1998年に硬化療法、2000年より高位結紮法が保険適応に認められ、現在当院で行っている高周波による血管内焼却術は2014年より保険適応になりました。これにより下肢静脈瘤の治療はほぼすべて健康保険診療で行うことができます。

健康保険診療は行政が定めた保険点数に基づき、診療報酬として患者様が医療機関に支払う治療費が決まります。診療を行った病院や医師によって金額が変わることはなく、加入している保険証の種類によって患者様のご負担する費用が変わります。また1ヶ月の間に医療機関や薬局で支払った金額が一定を超えた場合、その超過分を国が建て替える高額療養費払い戻し制度がご利用になれます。

治療内容1割負担の場合2割負担の場合3割負担の場合
高周波治療約15,000円約30,000円約45,000円
硬化療法約1,800円約3,600円約5,500円

詳しい費用についてのご質問は保険証を持参の上、受付窓口までご相談をお願いいたします。
治療後の医療用弾性ストッキング関連料金は別途必要となります。

PAGETOP
Copyright © Setagaya Varicose Vein Clinic All Rights Reserved.