足のお悩みは保険適用・日帰り治療の世田谷下肢静脈瘤クリニック東京中央美容外科へ
  • slider_image
無料WEBご予約
症例写真を掲載中
セミナー実績

医師紹介

  • HOME »
  • 医師紹介

Doctor Profile医師紹介

院長村田 将光-Masamitsu Murata-

経歴
  • 熊本大学 医学部 卒業
  • 熊本大学病院 第一外科
  • 人吉総合病院 外科
  • 済生会熊本病院 心臓血管外科
  • 榊原記念病院 心臓血管外科
  • 新山手病院 心臓血管外科(医長)
  • JR 東京総合病院 心臓血管外科(主任医長)
資格
  • 外科専門医
  • 心臓血管外科専門医
  • 下肢静脈瘤血管内焼灼術認定医・指導医
  • 下肢静脈瘤血管内焼灼術実施施設

村田先生写真

指導医認定証写真

下肢静脈瘤 血管内焼灼術
指導医 認定証

実施施設認定証写真

下肢静脈瘤 血管内焼灼術
実施施設 認定証

この度、ご縁がありここ世田谷区池尻で開業させていただきます、院長の村田将光と申します。これまでは心臓血管外科専門医として、主に冠動脈バイパス手術や心臓弁形成手術、血管手術を執刀して参りました。正確な診断、奇をてらわない確実な手術に自信があります。

下肢静脈瘤は、その名の通り「足の静脈の瘤(こぶ)」です。原因は静脈弁の機能不全によって生じる静脈の逆流です。症状としては足のむくみ・だるさ・こむら返り(つる)・かゆみ(うっ滞性皮膚炎)・痛みを伴う炎症(血栓性静脈炎)などがありますが、その原因がわからないまま長年悩まれている方が多くいらっしゃる疾患でもあります。

当クリニックでは、痛みのない超音波検査で正確な診断が可能ですし、高周波焼灼カテーテルにより身体への負担の少ない日帰り治療ができます。検査だけの診察も可能です。また、専門医の経験を活かし他のクリニックで治療が難しいと診断された方のセカンドオピニオンにも対応できますので、足のことでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

医師山崎 智徳-Tomonori Yamazaki-

経歴
  • 独協医科大学 卒業
  • 独協医科大学病院 皮膚科
  • 東京医科大学病院 形成外科
  • 品川美容外科
  • 高砂眼科・美容外科
  • 自由が丘皮膚科クリニック
  • 西新宿Aクリニック
  • ノエル銀座クリニック
資格
  • 下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医
  • 日本皮膚科学会 会員
  • 日本形成外科学会 会員

山崎先生写真

実施医認定証写真

下肢静脈瘤 血管内焼灼術
実施医 認定証

はじめまして、下肢静脈瘤クリニックの山崎です。
下肢静脈瘤は最近特に注目を集めている病気で、足の静脈が逆流を起こしてしまうことで、足がむくむ、こむら返りが起きる(足がつる)、血管が腫れてボコボコに膨らんでしまうなどの症状を引き起こします。

足の見た目が悪くなってしまうので、特に女性はスカートなど足を露出することも難しくなります。足のだるさは痛みを伴うこともあり、仕事や生活の質を著しく損なう病気です。
数年前までは静脈瘤を発症した血管を手術で引き抜いてしまうという大掛かりな治療が主流でしたが、近年新たに導入されたレーザーや高周波による血管の焼灼という手法により、手術時間も20分程度と、身体への負担が少ない治療が可能となりました。

足のむくみやこむら返り、ボコボコが気になっている方は、まずは一度診察にいらしてみてください。

医師糸井 由里恵-Yurie Itoi-

経歴
  • 日本医科大学 卒業
  • 日本医科大学付属病院 形成外科
  • 日本医科大学付属第二病院 形成外科
  • 渋谷コアクリニック 美容皮膚科
  • 王子皮膚科形成外科 院長
  • 明日佳クリニック
  • 東京美容外科
  • 東京あしの血管クリニック
資格
  • 下肢静脈瘤血管内焼灼術指導医
  • 日本形成外科専門医
  • 日本抗加齢医学会専門医

糸井先生写真

指導医認定証写真

下肢静脈瘤 血管内焼灼術
指導医 認定証

下肢静脈瘤は、今でこそ取り扱うクリニックは増えたものの、以前は一部の病院のみで治療を行っているような、それなりにマイナーな病気でした。

私は形成外科医としてキャリアを開始しましたが、研修で一般外科へ修行に出ていた時期があります。そこは二次救急病院で、さまざまな治療が重なってとても忙しいところで、在籍した一年間で多くの経験を積むことができました。
予定手術はもちろんのこと、緊急手術も頻繁に発生していましたが、それでも下肢静脈瘤の手術(当時は血管を引き抜くストリッピングという治療法が主流でした)は一度か二度ほどしかなかったと記憶しています。

時は流れ、縁あって再び下肢静脈瘤に携わることになりました。現在の主流である高周波治療とレーザー治療で、静脈瘤でお悩みの方を治療させていただいています。
これらの治療法が、従来のストリッピングと違う点、それは入院の必要がないことと、再発の可能性が低いこと、そして身体の負担が少ないことです(感じる痛みは麻酔の注射程度です)。

どちらかというと高齢の女性に多くみられる疾患ですが、このご時世ですので、60歳を過ぎても働いている方も多くいます。また、若い方であれば、何日も仕事を休んでまで治療を受けたいかというと、やはり仕事を優先してしまう人がほとんどでしょう。
そうした意味でも、入院の必要がない日帰り治療は、静脈瘤治療の敷居を大きく下げました。

高周波治療で静脈の逆流を止めると、むくみや足がつることが楽になるばかりか、瘤が目立つ場合は見た目もスッキリします。ですので、特に女性は悪化する前に治療を受けていただきたいと思います。

PAGETOP
Copyright © Setagaya Varicose Vein Clinic All Rights Reserved.